HOME > 新着情報 > アーカイブ > 2013年12月アーカイブ

新着情報 2013年12月アーカイブ

【純米酒 バー】年末年始の営業日のご案内【すじかい】

すじかいです。

弊店の年末年始の営業日のご案内をいたします。

本年は12月31日まで営業。
年始は1月6日より営業
いたします。


本年は、弊店をご愛顧いただき、大変ありがとうございました。
皆様よいお年をおとりくださいませ。


【神田 純米酒 バー】日本酒のお話 その2【すじかい】

すじかいです。
日本酒のお話、その2をお届けします。

寒い季節になり、「お燗」したお酒も恋しくなりました。
今回はお燗のお話です。

温度を加えると旨くなるお酒が存在します。
お燗の習慣は江戸時代中期以降一般的になり、現在へと続いています。
お燗しておいしくなるものを「燗上がり」もしくは「燗映えする」と言います。
一般的に、純米酒系(吟醸、場合によっては大吟醸も含まれる)、本醸造系(燗して醸造アルコールを飛ばしてしまう)など低精米度のお酒が良いとされています。
 
また、製法では「山廃もしくは生元」等の酸味や、アミノ酸度の強いお酒はお燗に向いていると言われています。
 
日本酒は、温度によって味わいが変化する、特筆すべきお酒です。お燗の温度は、以下の様に呼称されています。
 
雪冷え 5℃
花冷え 10℃
涼冷え 15℃
常温 20℃
日向燗 30℃
人肌燗 35℃
ぬる燗 40℃
上燗 45℃
熱燗 50℃
飛切燗 55℃以上

okan.jpg
 
当店は一合単位で、お好みの純米酒をお燗いたします。
「燗映え」するお酒かどうか、ご質問等があればなんなりとお申し付けください。
 
もちろん一本ずつ直接温度を計りながらお燗します。
少しお時間をいただくこともあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

【神田 純米酒バー】新規入荷の限定純米酒ご案内【すじかい】

すじかいです。

今週も月曜日から新規入荷の純米酒のご案内です。

mansaku yamada.jpg
まんさくの花 山田錦55
秋田県横手市 日の丸酒造
山田錦を全量使った精米歩合55%の純米吟醸です。
山田錦らしい、さっぱりとしたキレ。
鮮やかなオレンジ色のラベル。

hanagaki nigori.jpg
花垣 純米にごり酒
福井県大野市 南部酒造場
「米しずく」で知られる福井県大野市の南部酒造場のにごり酒です。
12月から出回り始めますが。最初はスッキリ。年を越して2月くらいになってくるとほんのりと甘くなってきます。
冬季限定、にごり酒の出荷時期によるお酒の味の変化を追いかけてみませんか?
精米歩合60%、アルコール度数14-15度。

takatiyo nigori.jpg
高千代 活性にごり生原酒
新潟県南魚沼市 高千代酒造
以前、超辛口を仕入れたことのある「高千代」さま。
今回は活性にごり酒です。精米歩合65%。アルコール度数16-17度。

ganngi.jpg
雁木 純愛無濾過生原酒
山口県岩国市 八百新酒造
山田錦全量。精米歩合60%。
アルコール度数17-18度の少し辛めの無濾過生原酒です。
今回は新酒での入荷。

kappa.jpg
かっぱ 特別純米超辛口
山形県東置賜郡 米鶴酒造
程よい酸味と、何より日本酒度+10という超辛口を誇ります。
河童のイラストが可愛い山形県の酒造様。
精米歩合60%、アルコール度数15度。"

tatenogawa syuryu.jpg
楯野川 主流
山形県酒田市 楯の川酒造
フルーティな吟醸香と、純米吟醸らしいキレを誇ります。
ここ楯の川酒造様は「全量を純米吟醸」で醸されている酒蔵様。
以前、入荷していましたが、再度の入荷となります。
山田錦全量の精米歩合50%、アルコール度数15-16度。

【神田 純米酒バー】新規入荷の限定純米酒ご案内【すじかい】

すじかいです。
師走に入り、なにかと気ぜわしい季節になりました。
ゆったりと、いい純米酒でほっと一息つきせんか?

 
新規入荷の限定純米酒についてお知らせいたします。

gazanryu.jpg
九郎佐衛門 雅山流 純米大吟醸
山形県米沢市 新藤酒造店
「翠月」と冠される純米大吟醸。
出羽燦々を全量使った華やかさ。
精米歩合50%の飲み口の良さを併せ持っています。

tenmeinagkadori.jpg
天明 中取り生酒 零号
福島県会津坂下町 曙酒造
会津坂下産の極早生品種「瑞穂黄金米」を使用。この品種を使用しているのはこの蔵元だけです。
精米歩合65%。日本酒度-1。アルコール度数17-17.5。無濾過の生原酒です。
強めの酸味ですが、非常に呑みやすく仕上がっている澱がらみ。

kuzuryukanzake.jpg
九頭竜 純米吟醸
福井県吉田郡 黒龍酒造
精米歩合55%。アルコール度数14.5。
純米吟醸ですが、ぬる燗から上燗で燗映えするようです。
日本酒らしい日本酒。スルスルと入っていきます。

kawakame hiyaorosi.jpg
川亀 ひやおろし
愛媛県八幡浜市 川亀酒造
精米歩合55%。日本酒度+5。アルコール度数17-18未満。
瓶にはラベルがなく、新聞紙で厳重に包まれている秋季限定品。

bottiri.jpg
ぼっちり 特別純米辛口
高知県安芸郡 仙頭酒造場
土佐しらぎくの燗上がり特別純米。
精米歩合60%。アルコール度数15-16。
「ぼっちり」とは土佐の方言で「ちょうど合う」という意味。

katikoma.jpg
勝駒 純米酒
富山県高岡市 清都酒造場
造り手わずか5人で回っている清都酒造場。
精米歩合50%の大吟醸造りですが、程よい酸味と、クセのない喉越しが魅力です。
香り高い部類ではありませんが、しっかりとした渋みを誇ります。玄人好みの味わい。

miyasaka 60.jpg
みやさか うまくち純米60
長野県諏訪市 宮坂醸造
長野県あずみのの美山錦全量を精米歩合60%で削っています。落ち着いた香りと、穏やかな味わいの食中酒です。
程よい酸味であと残りは少ない印象です。

miyasaka55.jpg
みやさか やわらか純米55
長野県諏訪市 宮坂醸造
「週末、泥酔の酒」ではなく、「毎晩、ほろ酔いの酒」を目指した、みやさかの純米吟醸。
精米歩合55%。アルコール度数12度の優しいお酒。
女性にもお勧め。ゆったりと杯が進みそうです。

jikon nigori.jpg
而今 特別純米にごり酒
三重県名張市 木屋正酒造
富山県産五〇〇万石を全量使ったにごり酒。
開栓してしばらくの今が飲みごろ。
精米歩合60%。アルコール度数16.5。
三重Mk1酵母を使った活性にごり酒です。

wakakoma hiyaoroshi.jpg
若駒 純米ひやおろし
栃木県小山市 若駒酒造
岡山県産雄町全量の精米歩合70%。アルコール度数17-18。使用酵母NewデルタT-S。
若駒酒造は、創業万延元年(1860年)という歴史ある蔵です。
代表的な銘柄は、善十郎といいます。その蔵の六代目が、奈良の油長酒造で三年間の修行を終え、蔵に戻り自ら造ったお酒を、地酒専門店向けに新たなブランドとして、発売をはじめたのが「若駒」です。

mansaku omachi.jpg
まんさくの花 雄町限定原酒
秋田県横手市 日の丸酒造
雄町米全量を55%で削って醸した順米吟醸酒。
アルコール度数17-18度。
 
皆様のお越しをお待ち申し上げております。
また、燗についてもお好みの温度でご提供中です。

1

« 2013年11月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »

このページのトップへ