すじかいのこだわり メニュー/料理 メニュー/酒 店舗案内・アクセス 取扱酒蔵マップ 今週の限定酒 すじかい絵巻 新着情報 お問い合わせ facebook twitter mixi

HOME > メニュー・酒

メニュー・酒

※限定入荷の純米酒は日ごとに品揃えが変わります。品切れの際にはご容赦ください

※最新の入荷状況は「最新入荷の限定酒」を御覧ください

定番酒蔵直送純米酒 各種900円(半合サイズ)~

出羽桜一耕 特別純米酒

一耕.jpg
山形県天童市 出羽桜酒造

「一」は始まり、「耕やす」は文化。農業、 そして純米酒こそが酒の起源。
大地の温もりが感じられる、 やわらかな味わい。

薫りはほどほど、コクと若干のキレを併せ持ち、年を通して大きく味の変わらない造りを実現しています。
生酒もありますが、店主は個人的にこちらの火入れが好み。
一般に限定酒は薫り華やか、半合サイズで十分ということが多いのですが、この一耕はいくら呑んでも呑み飽きしない実力を持っています。


広く全国の純米酒を取り揃えたいとの想いから、
只今、定番酒は上記「一耕」のみとなっております。

限定酒は毎週銘柄を入れ替えております。
最新の入荷状況は「最新入荷の限定酒」をご覧ください。


その他のドリンクメニュー

瓶ビール(キリンラガー中瓶)


赤霧島

霧島酒造では黒霧島の方が手に入りやすく、コンビニでも人気の芋焼酎です。
その反面、赤霧島の方は単価もお高めで、なかなか手に入れにくい一品。
南九州産サツマイモを全量使って醸しており、黒霧島に比べて芋臭くなく、淡麗で上品な口当たりです。

泡盛の味噌スープ

唐辛子を漬け込んだ泡盛を、味噌出汁であっさり味付けした、所謂「辛い出汁割り」です。
ラーメンいらずのシメに。

瑞泉


マイヤーズラム


グレンフィディック


扱いのあった「限定入荷」純米酒 (店主コメント含む 600銘柄~)

当店は週替りで限定酒を入荷しております。
店内メニューにも記載してある店主コメントも含め、以下にまとめておきます。(順不同ですが…)
現在600銘柄以上。
都度、更新していきます。
(店主の感想ですので、お味が合わなかったらご容赦を…)

髙千代
新潟県
扁平精米のおりがらみ新酒。平仮名の「たかちよ」は甘い方なのですが、今回の新酒はさっぱりと若干辛め。

麒麟山 ぽたぽた
新潟県
麒麟山の新酒。甘さも薫りも切れ味も程よく、それ以上に「旨み」を感じる良い意味での中庸な食中酒。

琥泉 無濾過生原酒
兵庫県
東灘のズバリとした味わい。無濾過なので、それは酒蔵で呑む原酒そのままのレア感です。初入荷。

獺祭 純米大吟醸50
山口県
今、大人気の酒。エヴァンゲリオンでミサトさんが愛飲していたので、ご存じの方も多いはず。米の半分を削った大吟醸で、味も納得。獺祭の磨きにはその先もありますが、当店では5割の大吟醸をお楽しみいただけます。

澤の花
長野県
ラベルになってる人は、どこかの俳優さんですか?と訊いたら、「あ、杜氏さんです」との答え。よほどの自信。

洌 純米大吟醸
山形県
山形県米沢の清く冷たき純米大吟醸。辛めに行ってるか、旨味系か、はたまた華やかか?初めての酒蔵。初入荷。

梵 ときしらず 純米吟醸
福井県
長期の氷温熟成がなされ、上燗~熱燗でいただけます。もちろん常温~冷でも問題ありません。濃厚!

寫楽 初しぼり
福島県
甘くもったりスッキリ系の寫楽も、この新酒はキレがよくなっています。昨年末からの流行でしょうか。

麓井 フモトヰ夏純吟
山形県
しっかりした味を出す「出羽燦燦」を使用した夏向けのスッキリ純吟。細身でスマート、かつ柔らかさも。

緑川 純米酒
新潟県
緑川の特徴であるすっきりとした辛味が如何なく発揮されています。先日入荷した「雪洞貯蔵 緑」よりはボディが強く感じられます。

龍力 播州辛口特別純米
兵庫県
山田錦100%の特別純米酒。アルコール度数15度。辛口で燗にも向きそうです。

龍力 純米酒ドラゴン Ep3
兵庫県
大吟醸の青ラベルEp1、兵庫錦を全量使った純米吟醸の黒ラベルEp2と来て、五〇〇万石8割+山田錦2割=フルーティ&マイルドという公式を打ち立てたEp3です。 「四季問わず呑んで頂きたい」という想いからの4色ラベルが映えます。

龍力 エピソード2
兵庫県
ようやく手に入りました。「兵庫錦で甘みは旨み」を目指した黒ドラゴンです。醸せ、龍の力。

龍勢 夜の帝王 
広島県
一時入っておりました「夜の帝王」、再度の入荷です。名前負けしない強さを持っています。

龍勢 無濾過生原酒
広島県
「夜の帝王」で有名な広島の龍勢。八反錦の薫り立つ無濾過生原酒です。この時期のみの入荷。

立山銀麗
富山県
首都圏では純米酒で見つけられない立山の銀麗。通年酒ですが、きっちりさっぱりとした日本酒らしい味。

陸奥八仙 赤ラベル特別純米火入れ
青森県
麹米に「華吹雪」55%、掛米に「まっしぐら」60%を使用した特別純米酒。アルコール度数16度。フルーティな風味が感じられます。

陸奥八仙 限定生ふな酒
青森県
青森県産「まっしぐら」全量の削り60%。あっさり甘めの八仙、まっしぐらの味は?生のふな酒。

陸奥八仙 夏吟醸
青森県
華吹雪とむつほまれのブレンドで、穏やかかつ優しくシャープな吟醸香と呑み味。誠、すっきり系です。

裏・雅山流 粋華(すいか)
山形県
一部の特約店にしか下ろせない裏・雅山流。適度に香り華やかで「山田錦」の味の冴えを感じる出来。

来福
茨城県
茨城県産五〇〇万石全量。昨年の大晦日に絞った年のかけはし。ほのかな甘みと酸味。

夜明け前 純米吟醸生酒
長野県
パイナップル、メロン、リンゴ様の果実香味になめらかで優しい米の味が楽しめます。ふくよかな吟醸香。軽くなく、それでいてあっさり呑める銘酒。お勧め!

夜明け前 純米吟醸生酒
長野県
ご好評を頂いている夜明け前。先日長野で再度仕入れてまいりました。フルーティな吟醸香は変わらず、引っかからない舌触り。その後に鼻腔に消えていきます。お勧めです。精米歩合55%、アルコール度数15~16度。

夜明け前 純米吟醸ひやおろし
長野県
芳醇な香りと若さをもった生酒にくらべ、適度な落ち着きと熟成感。いよいよ小野商店からひやおろし。

夜明け前 純米
長野県
いつもの生一本と違って、今回は地元酒の火入れの純米。生酒の華やかさとは違った落ち着きをどうぞ。

門外不出
栃木県
契約栽培米で仕込んだ小山の酒。栃木酒によく見られる含みと地酒っぽい素朴なコクが共存しています

鳴門鯛(なるとだい)
徳島県
アルミ缶封入の四合瓶パッケージ。海ものに合う、スッキリ辛口。パンチがあります。

鳴海の風 特別純米
千葉県
千葉の房総から。太平洋の波の音を聞けるか?初入荷の夏酒です。

鳴海(なるか)純米吟醸
千葉県
勝浦の鳴海さんのひやおろしです。酒こまち全量の純米吟醸。軽く華やかな薫りと味。このラベルは初入荷。

明鏡止水 日本の夏酒
長野県
いわゆる「杜氏の夏の回想レトロラベル」。口当たりやさしく、さらりと口中を通り抜ける夏純米です。

明鏡止水 特吟ひやおろし
長野県
ひやおろしが入荷です。山田錦全量。日本刀の様に鋭いキレは健在?一夏越して酸味は落ち着いている様。

明鏡止水 純米吟醸
長野県
長野県佐久の銘酒。強く辛く、透明感があって鋭利なキレ。明鏡止水の定番酒です。

明鏡止水 鬼辛
長野県
真っ赤なラベルの明鏡止水の新酒。アル度数は17弱、日本酒度+14。タバスコ風の飾りラベルが新鮮です。

無風
岐阜県
無風と書いてムカデと読む。山田錦半分削った大吟醸。黒ラベル。すっきりとした中に岐阜らしい薫りと押しが。

満寿泉Pero
富山県
アルコール度数12%。軽くて甘く、横尾忠則風なラベルも相まって非常にトロピカルな酒。

本金(ほんきん)純米吟醸
長野県
やさしくふくらむ、透明感ある酒すっきりと飲めて、程よくふくらみがある純米酒。透明感と吟醸の味と香りのふくらみをバランスよくすることをプラスし醸しています。精米歩合55%。アルコール度数16度。

北安大國
長野県
掛米に全てもち米を使用した仕込みを行っています。つるりとした米の甘さとコクを感じてみてください。初入荷。

房島屋 夏ブルーボトル
岐阜県
あけぼのと五百万石のブレンド。この時期、キリッとしたシャープな酸、キレでスッキリした印象。

鳳凰美田 碧判
栃木県
無濾過かすみ本生酒。精米歩合55%。アルコール度数16-17。 綺麗な吟醸香、すっきりとした飲み口。お勧めです。

鳳凰美田 純米吟醸
栃木県
全量を契約栽培する小林酒造の鳳凰。薫良く少し甘めの糀香が鼻をくすぐります。栃木の先頭を疾走る無濾過生酒。

鳳凰美田 ひやおろし
栃木県
ひやおろしが入荷です。原酒は甘め少しモッタリ系ですが、ひやおろしはどのくらいの旨味か?五百万石全量。

豊盃 特熱純米
青森県
青森の弘前からの豊盃定番酒。りんごの薫りよし。これが終わる頃、いよいよ夏酒が出始めます。

豊盃 しぼりたて
青森県
巷で噂のリンゴの香りも高い青森、弘前の豊盃からも新酒到着。鼻に抜けるふくよかなカプロン酸の薫り。

蓬莱泉 霞月
愛知県
元治元年創業の関谷醸造。工程を機械化しており、手が必要な工程はより細やかに配慮。含みある旨口酒。

文佳人 有楽町で呑みましょう
高知県
精米歩合55%。高知県からの純米吟醸。「有楽町で呑みましょう」を神田で呑みましょう。初入荷。

風が吹く 山廃仕込純米生酒しずく採り
福島県
会津産の「五〇〇万石」を全量使用。精米歩合55%。

富久長 白麹シェルラバーズ
広島県
富久長からは「貝」に合うShell Lovers。白麹使いの八反草70%削り。柑橘系少し甘めスッキリと予想。

琵琶のさざ浪
埼玉県
入間郡にある麻原酒造より。キレ良し薫り良し。昨年末来の埼玉の穴馬。レトロなラベルに騙されるな。

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸
群馬県
「澄酒」。尾瀬の雪解水を想わせる甘く優しい喉越。派手ではありませんが、それ以上に上品極まる大吟醸。

尾瀬の雪どけ プロトタイプver3
群馬県
群馬の甘い雪解け大吟醸。ふくよかで豊かな吟醸香。微かなキレ。プロトタイプの3番艦です。

飛良泉 飛1901
秋田県
にかほ市から飛良泉到着です。美山錦全量の精米6割。協会1901酵母の香り良し系。限定の「飛」ラベル。

飛龍 純米大吟醸
宮城県
当店では初入荷。半分削った大吟醸でアル度数は16とやや低め。薫り高く、優しく上品な味と予想。

磐城壽 夏酒吟醸
山形県
夏酒として、敢えて蔵では使用しないカプロン酸エチルを高く生成する酵母をブレンドして使用。

繁桝 生々にごり
福岡県
味がしっかりした繁桝のにごり新酒。生々というだけあってゆったりと呑める味に仕上がっています。綿飴のよう。

繁桝 純米大吟醸
福岡県
ガッチリした含みとボディながら、喉越しはすっきりと。火の国には佐賀の酒あれど、福岡には繁桝アリ。

繁桝 夏に降る雪
福岡県
「キレいなキレ」とは繁枡のためにあるかも。今回は「にごり」で。初入荷!

八咫烏(やたがらす)
奈良県
杉玉の発祥と言われる、奈良の三輪山大神神社由来の「山乃かみ酵母」を使用しています。

白瀑 ど
秋田県
この時期の山本さんの濁り酒「ど」です。切れ味良し、ほのかな甘み、なめらかな舌触り。安心のもったり。

白露垂珠 ミラクル77 無濾過純米酒
山形県
精米歩合77%の無濾過純米酒。竹の露による震災復興支援バージョン。出羽三山深層水を100%使った生詰酒。アルコール分15度と少し優しめ。

白鴻 千本錦純米無濾過原酒
広島県
千本錦の無濾過原酒。原酒のまったりとした辛味の中にも、千本錦の甘味が感じられます。

萩の露 特純超辛口
滋賀県
滋賀県らしいフルーティさが出ているでしょうか?夏酒としては初入荷となります。

馬酔木(あせび) 純米
富山県
有名な馬酔木ですが当店では初めての入荷です。富山酒の中でも若干甘め傾向と予想しますが如何でしょうか?

日高見 弥助
宮城県
スッキリして薫りもほどほど。弥助と呼ばれるシリーズ。宮城県らしい切れ味鋭い辛口の食中酒です。

日高見 生詰ひやおろし
宮城県
ホヤ料理にもぴったりの辛口、コクあり。6割磨きの山田錦全量ひやおろし。安心の一献。

日光誉 純米吟醸
栃木県
地酒という言葉にこだわって、今市市産の五百万石、日光連山からの伏流水、栃木県開発の酵母で仕込んでいます。すっきりとした飲み口が特徴です。普段あまり日本酒を飲まない方にも飲みやすいタイプです。精米歩合:麹米50% 掛米60%、日本酒度+2、15度以上16度未満

南部美人 純米原酒14度
岩手県
水で割ってない原酒。でもこの低いアル度数で止めても甘ったるくないという、奇跡の日本酒度マイナス4。

鍋島 特別純米三十六萬石
佐賀県
精米歩合55%。アルコール度数15度と若干低めながら、特別純米らしい渋みと、酸味を誇ります。

鍋島 山田錦
佐賀県
山田錦55%の吟醸酒。香りよく、微かに酸味立ち、スッキリです。昨年に比べキレが立っている印象。

鍋島 ひやおろしハーベストムーン
佐賀県
噂の鍋島。ひやおろしのラベルはハーベストムーン。昨年に引続いての入荷。鮮やか且つフレッシュ。

鍋島 クラシック
佐賀県
特別純米酒のラベルですが、中身は素性の正しい「雄町」。鍋島+雄町で改めて呑んでみると新しい発見が。

鍋島 NEWMOON
佐賀県
今年の鍋島の新酒NEWMOON。昨年は甘く軽くすっきりで素晴らしい出来でしたが、今年は如何でしょう?

東力士 酔夏(すいか)
栃木県
米の香りが微妙に残る酒が多いことで有名な東力士。この酔夏もうっすらにごりです。西瓜のイラストも酔。

東力士 極一滴雫酒 山田錦
栃木県
とっぷりとした発泡系濁り。本当に切れ味サッパリ系に移行してしまったのか、興味津津那須の蔵。これからも追います。

東力士 極一滴雫酒 五百万石
栃木県
五百万石の東力士新酒も到着しました。キレ良く、透明感のあるうすにごり。来年は全体にスッキリ目か?

東力士 極一滴雫酒
栃木県
米を変えたという噂の東力士。去年より軽めの酒が多くなってきています。これも時節柄?今回の「極」は新酒。

東力士 ひやおろし
栃木県
米の味がしっかり出て、麹感を湛えた栃木の雄。洞窟貯蔵で一夏過ごした純米吟醸。今季初入荷!

東力士 ひとごこち
栃木県
前回のひやおろしは軽く仕上がっていましたが、今回のひとごこち55%削りはどうでしょうか?那須の銘酒。

東鶴 特別純米無濾過
佐賀県
「別酵母仕込み」で「雄町」全量を仕込み。味の強い雄町が更に派手に。開栓楽しみな初入荷。

東鶴 純米おりがらみ生
佐賀県
精米歩合65%。アルコール度数17度。スッキリした酸味のうすにごり。

東一 純米山田錦
佐賀県
佐賀の上品な辛口、久しぶりの入荷の東一です。山田錦の64%削り。米の味を活かしての仕上がりは?

田酒 特別純米酒
青森県
青森県産酒造好適米「華吹雪」を使用した地酒の銘品。辛口ながらコクがあり、飲み飽きしないすっきりした味。原料米 華吹雪 精米歩合 55%日本酒度 +3 酸度 1.5 アルコール度数 15.5度

田酒 特別純米山廃
青森県
精米歩合55%。アルコール度数15-16度。 田酒の山廃仕込み。程よい酸味。

天明 美山錦秋あがり
福島県
天明らしい程よい酸味。美山錦のクセの無さを予測しますが、どういったハーモニーか?初入荷。

天明 中取り生酒 零号
福島県
会津坂下産の極早生品種「瑞穂黄金米」を使用。この品種を使用しているのはこの蔵元だけです。精米歩合65%。日本酒度-1。アルコール度数17-17.5。無濾過の生原酒です。強めの酸味ですが、非常に呑みやすく仕上がっている澱がらみ。

天明 中取り生酒 壱号
福島県
五〇〇万石を使用。9号酵母で醸した無濾過中取りうすにごり酒。鮮やかな酸味と、鼻腔に抜けるフルーティな吟醸香を誇ります。精米歩合60%、日本酒度+3、アルコール度数16-16.9

天明 瑞穂黄金 槽しぼり
福島県
過去に社長や杜氏が女性だったという酒蔵様。地元の幼稚園児が手植えして刈り取った「瑞穂黄金」を全量使い、風味は旨辛。この酒米を使用しているのはこの酒蔵だけです。

天明 純米吟醸
福島県
山田錦の無濾過一年熟成酒。程よい酸と切れ味で定評がある当蔵ですが、熟成感はいかほどか?

天吹 リンゴ酵母
佐賀県
花酵母を使用する天吹さんのりんご酵母。リンゴに近いカプロン酸の微かな薫り。フレッシュ、アンドクリティカル。

天吹 バナナ酵母
佐賀県
もう一本はバナナ酵母の黄満月ラベル。果物そのままの薫りなけれど一般の酵母とは違う薫り立ちは感じられる筈。本当にバナナの薫りがしました。

天吹 いちご酵母
佐賀県
花酵母研究会との協力で、色々華やかなラベルを送り出している佐賀の天吹。この時期はいちご酵母のピンクラベル。

庭のうぐいす なつがこい
福島県
「山田錦」と「夢一献」のブレンド。からりとした酸味を誇る山口酒造場の夏酒。

鶴齢 純米超辛口
新潟県
穏やか、かつ爽やかな香り、コク、酸が調和したしっかりとした味。それでいて鋭いキレと余韻はスムーズ。

鶴齢
新潟県
まずは頼まれる「スッキリして辛口」を地で行く新潟酒。オマケに薫りも良い。まずは女性に大人気。

長龍酒造 吉野杉の樽酒
奈良県
杉樽で仕込んで瓶詰めした、杉の薫りがほんわりと残る奈良酒。粋で懐かしい味。今回初入荷です。

長珍 特別純米
愛知県
津島市の小さな蔵ですが、絞り後に再度タンクで熟成させ、まろやかな熟成感を出している特純。初入荷。

超長久
和歌山県
瓶詰めして3年。氷室貯蔵した生酒。それでいて超々久はエグい枯味がしません。奇跡の古酒風味。

中野BC 夏ロック
和歌山県
長久で知られる中野BCが試験的に瓶詰めした番外の夏にごり。香りと粕の甘味のバランスが絶妙。

秩父錦 特別純米
埼玉県
秩父市の矢尾本店。内陸の素朴で押しの強いまったりとした味わいある特別純米。燗での映えが楽しみ。

竹林 瀞
岡山県
香りは微か。アル度数18度で少し強め。しっかりと濃い味で押しの強さが光ります。

谷川岳 超辛純米
群馬県
全国に60人しかいない「清酒専門評価者」そのうちの2名が醸したという超辛。ラベルににじみ出る自信。

達磨正宗 熟成ひやおろし
岐阜県
琥珀色になるまで熟成させる達磨正宗さんのひやおろしです。少し甘めの程よい枯れ感。

大矢孝酒造 昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)
神奈川県
「残草蓬莱」のもう一銘柄、それが「昇龍」。残草はラムネ感、今回は「お燗」で呑んで欲しいとのこと。

大雪渓 にごり
長野県
もったり系のずっしり濁りか。雪渓の白雪のような穢れなき白酒。にごりの大雪渓としては初入荷です。

大信州 夏のさらさら
長野県
「ひとごこち」を吟醸まで削ったふっくら酒。今回は夏酒でサラリと、スッキリと仕上がっています。

大信州
長野県
若干甘めの大信州ですが、今流行りの「キレ」の方向に向いているのでしょうか?注目の一本。

村祐 夏の生酒
新潟県
淡麗辛口王国新潟で、相変わらず甘めスッキリを作り続ける反逆酒蔵「村祐」。呑めば納得。

蒼田(そうでん) 特別純米
福岡県
山田錦60%削りの山廃仕込み。樽火入れの瓶貯蔵です。初入荷。

相模灘 無濾過純米吟醸
神奈川県
近郊の相模原の酒造様。スッキリとして辛口。無濾過の瓶囲いです。

相模灘 特別純米生酒
神奈川県
精米歩合60%の無濾過瓶囲い。生酒ならではの酸味でスッキリとした味わいです。

船中八策 しぼりたて生原酒
高知県
辛口で有名ですが、新酒で生原酒は初入荷です。精米歩合60%、強く、辛く、あっさり系と予想します。

川中島 純米にごり酒
長野県
一五四〇年創業。信州最古の酒蔵酒千蔵野様の川中島。純米のにごり酒です。とっぷりとした米の味。燗にしてもイケます。精米歩合65%。アルコール度数15度。

川亀 純米吟醸活性にごり酒
愛媛県
精米歩合55%。発泡中の活性にごり酒です。

川亀 限定亀甲ラベル
愛媛県
八反錦全量。平成19年に仕込み、山廃でじっくりと醸して寝かせた濃厚な香り。古酒風味もあり、じっくりとちびちびと舐めたいお酒です。精米歩合60%、アルコール度数18-19度。日本酒度+8、酸度18。

川亀 ひやおろし
愛媛県
精米歩合55%。日本酒度+5。アルコール度数17-18未満。瓶にはラベルがなく、新聞紙で厳重に包まれている秋季限定品。

千代むすび強力22BY
鳥取県
境港。強力米を22年に漬け込んだ熟成酒です。精米歩合55%。5年熟成の割には軽く仕上がっているよう。

千代むすび 特別純米
鳥取県
五百万石を55%まで削った特別純米酒。 酸度1.5、アルコール度数15-16。

千代むすび 子泣き純米
鳥取県
少し辛めの子泣きですが、この時期は無濾過酒が限定入荷。生原酒とはいえ、杜氏の丁寧な仕事が光る。

千代むすび 山田錦純米吟醸 初しぼり
鳥取県
鳥取県産山田錦の全量。精米歩合55%。9号系の酵母を使っていますので、フルーティな吟醸香が楽しめます。

千代むすび 強力純米吟醸おおにごり
鳥取県
精米歩合50%の強力を袋どりしたにごり酒。活性していますので冷で呑むとピリリとした風味が楽しめます。また、燗にしてもいける幅の広いお酒。

千代むすび 強力純米吟醸
鳥取県
戦前に鳥取県の奨励品種であった幻の強力米を復活栽培しました。華やかさとふくよかさが調和した香りがします。なめらかな味と酸味が心地良く、とてもすっきりしています。

千代むすび 強力ひやおろし
鳥取県
以前、一回入荷した経験のある赤ラベルのひやおろし。強力米を全量使い、精米歩合60%で削っています。アルコール度数14度と若干優しめ。14号酵母を使っています。

千代むすび 強力60
鳥取県
鳥取県でしか栽培されない強力米を60%まで削った新商品。 40削りの大吟醸より、強力米の味わいを強く感じることができます。

千代むすび こなき純米
鳥取県
妖怪も泣くほどの辛い酒の夏バージョン。芳醇でいて軽く飲みやすく感じます。程よい熟成感。

仙禽 かぶとむし
栃木県
「仕込み水と同じ水系で育てた米だけを使う」というドメーヌ化を成し遂げた仙禽の夏酒です。

雪の茅舎 ひやおろし
秋田県
スッキリ系でいて優しく呑める秋田酒。今回は吟醸のひやおろしです。アル度数16で少し軽め。このラベルは初入荷。

積善 純米酒
長野県
ひとごこちを全量使った精米歩合59%の無濾過純米酒。酵母に「ヒマワリの花酵母」を使っています。どっしりした辛口ながら、喉に至る前にすっと消えていきます。(初めての味かも;店主)これは非常に面白いと思います。若い杜氏が醸した、新しい味わいをお試しください。日本酒度+6、酸度2.1、アルコール度数15。

石鎚 初
愛媛県
四国の最高峰、石鎚山を冠した新酒。初と書いて「うぶ」と詠みます。カッチリとした辛めの四国酒。

石鎚 夏純米
愛媛県
夏吟に続いての石鎚の夏酒。相変わらずのラムネ感。ラベルも涼しげです。良き夏酒です。

石鎚 夏吟
愛媛県
山田錦と松山三井のブレンド。渋みもありながら華やかな吟醸香と押し味のある酸を誇ります。かなりシャープ。

石鎚 かすみ純米
愛媛県
一回火入れなので、分類的にはひやおろし。ツマミに良く合う薄く淡いうすにごり。フルーティ。

石槌 純米土用酒
愛媛県
ラベルにウナギが。6号系ということで、香りよりは、辛めでしっかりした酸を出していると予想。初入荷。

石川門加賀鶴 純米
石川県
味の強さか、甘さの押しか?様々な顔を見せる石川県の銘酒石川門。今回は如何か?初入荷。

青煌 初しぼり
山梨県
長野県産美山錦全量を65%の削りで「つるばら」酵母株で仕込んだ山梨の新酒。

誠鏡 雄町
広島県
広島酒にしては辛口で味わいの強い誠鏡です。ガッチリと雄町の薫り。オマチストの皆様、おまたせ。

誠鏡 番外超辛口
広島県
ラムネの瓶を思わせる涼しげな瓶。軽く、辛く、程よい酸味で腸内フローラを活性化しましょう。

誠鏡 はつもみじ
広島県
番外超辛口に続いての入荷です。「はつもみじ」は酒米の名前。ふくよかでやさしい味がじっくり。

誠鏡
広島県
竹原の有力蔵、中尾酒造の「青」誠鏡です。ガッツリと純米、ガッツリと雄町。真正面から鏡に向かう誠を見よ。

聖 渡船
群馬県
先日入荷した山田錦とほぼ同じ製法での米違い酒。渡船は山田錦の祖先株。

清泉 越淡麗
新潟県
「夏子の酒」ゆかりの新潟の酒蔵、久須美酒造からのひやおろしです。半分削った実質大吟醸。

清泉 しぼりたて
新潟県
夏子の酒のモデル蔵として有名な久須美酒造の新酒。精米歩合55%。若干アル度数低めの優しい味。

酔鯨 なつくじら
高知県
さっぱり辛めの味で人気の酔鯨からは「なつくじら」。浮世絵っぽい箔押しの鯨が美しいですね。

諏訪泉 満天星
鳥取県
鳥取県八頭郡の酒蔵さま。半分削った実質大吟醸です。今回初入荷です。

真澄 純米
長野県
7号酵母発祥の酒蔵として有名です。その朴訥な薫りとコクは生一本の黒真澄とは一線を画します。

醸し人九平治 純米吟醸rue Gauche(ル・ゴーシュ)
愛知県
知る人ぞ知る「醸し人九平治」。全量山田錦を50%まで削った、本来なら「大吟醸」ですが、ラベルは「吟醸」で記載されています。アルコール度数は13度と低めで、軽くやわらかな口当たりですが、一方、香りは芳醇。ル・ゴーシュとは酒飲みを著す「左党」の意味。

醸し人九平次 ポンヌフ
愛知県
山田錦全量、削り55%。相変わらずのスッキリ感。「この酒が末永く人と人を繋ぎますように」

上喜元 上亀元
山形県
「亀の尾」を使っているため、本来「喜」の字が「亀」になっている特別ラベルです。軽くスッキリとした味わい。

小左衛門 純米大吟醸
岐阜県
麹米を山田錦20%、掛米を愛山80%で配合した、純米大吟醸。アルコール度数16度、日本酒度+5、酸度1.8。

小左衛門 純米初しぼり
岐阜県
越中五〇〇万石全量。精米歩合55%。アルコール度数15.5度。 軽く、スッキリと呑めます。

勝駒 純米酒
富山県
造り手わずか5人で回っている清都酒造場。精米歩合50%の大吟醸造りですが、程よい酸味と、クセのない喉越しが魅力です。香り高い部類ではありませんが、しっかりとした渋みを誇ります。玄人好みの味わい。

楯野川 主流
山形県
フルーティな吟醸香と、純米吟醸らしいキレを誇ります。ここ楯の川酒造様は「全量を純米大吟醸」で醸されている酒蔵様。以前、入荷していましたが、再度の入荷となります。山田錦全量の精米歩合50%、アルコール度数15-16度。

駿州中屋 美郷錦
静岡県
水の良い辛めの中屋。今回は美山錦の純米吟醸です。

駿州中屋
静岡県
富士山系の柔らかい水を使った、静岡の中堅。優しく辛く、薫りもあり今の時期にピッタリの生原酒です。

春鹿の夏鹿 純吟
奈良県
楽しい色使いのメタルカラーのラベルが綺麗です。軽く甘い春鹿ですが、仕上がりは如何でしょう?初入荷です。

春鹿 ひやおろし
奈良県
渋めの奈良酒の中では、甘く軽めの味を出す春鹿さんのひやおろしです。精米歩合60。アル度数16。軽く呑める筈。

春鹿 超辛口
奈良県
渋めの奈良酒の中では、甘く軽めの味を出す春鹿さんですが、今回の超辛は渋め辛めの奈良酒らしい味。呑み飽き無し。

春霞 29号山廃仕込み
秋田県
酸度1.7、精米歩合60%の26年度醸造。夏酒ではありませんが、この時期、安心して呑める山廃です。

出雲富士 純米吟醸無濾過生縁酒
島根県
島根県出雲市の酒蔵様。稲穂の背を低くして、収穫量増加を狙った「改良雄町」を使用しています。すっぱりとした辛味。しかし甘味も感じます。雄町の味もしっかりと出ています。

出雲富士 夏雲
島根県
酸度4。酸味には走らず、ふっくらとした口当たりの優しい夏酒。ふわっと膨らむ感じです。

出羽桜 純米大吟醸 古酒
山形県
お付き合いのある酒屋さまからの一品。出羽桜の純米大吟醸古酒を、さらに低温で寝かせたという10年超モノです。一言、甘露!(ハーフサイズのみでのご提供になります)

出羽桜 山廃ひやおろし
山形県
意外にも、山廃のひやおろしは出羽桜では初の試み。定番一耕の向こうを張れるでしょうか?

十六代九郎衛門 愛山純米吟醸
長野県
兵庫県産特A地区の愛山を贅沢に全量使った純米吟醸。とびきりジューシージューシー。精米歩合55%、アルコール度数16度。

十四代 中取り純米無濾過
山形県
説明の必要がないほど有名な銘柄ですね。蔵元としての歴史は古く、元和元年(1615年)とのこと。精米歩合は55%ですが、全く舌に雑味が残らず、すんなりと入っていきます。ほんのりと甘く、程よい吟醸香も鼻をくすぐります。

宗玄 ひやおろし
石川県
山田錦全量55%削りの吟醸酒。少し甘目の奥能登の酒です。単純に旨く、今宵はこれで優しく泣きましょう。

手取川 特A山田錦純米大吟醸
石川県
特Aの山田錦の純米大吟醸あらばしり。軽く、淡麗ですっきりとした辛口になっています。

手取川 冬酒
石川県
四季ラベルも、もう冬の装い。キリリと辛く切れ味も良好。ぬるめの燗でもイケる感じ。飲み飽きしない石川酒。

若駒 純米ひやおろし
栃木県
岡山県産雄町全量の精米歩合70%。アルコール度数17-18。使用酵母NewデルタT-S。若駒酒造は、創業万延元年(1860年)という歴史ある蔵です。代表的な銘柄は、善十郎といいます。その蔵の六代目が、奈良の油長酒造で三年間の修行を終え、蔵に戻り自ら造ったお酒を、地酒専門店向けに新たなブランドとして、発売をはじめたのが「若駒」です。

若駒 ひとごごち55 しずく搾り斗瓶採り
栃木県
「ひとごこち」を55%使ったしずく搾り。

写楽 純米吟醸
福島県
甘い吟醸香と口当たりが呑み易い純米吟醸。華やかさもありますが、それ以上に飲み飽きしない優しさがあります。アルコール度数17度。精米歩合50%。

篠峯 秋晴
奈良県
山田錦全量の篠峯。奈良酒らしいうっすらとした渋み爆発。スッキリした通の酒。飲み飽きしません。初入荷。

七田 純米愛山
佐賀県
渋めの造りに定評のある茶ラベルの七田。今回は愛山の7割削りです。七田の渋みと愛山の薫り、程よい酸味。

七田 純米25BY
佐賀県
渋めの造りに定評のある茶ラベルの七田。今回は25BYです。出来はいかほどでしょうか。

七田 純米
佐賀県
佐賀の天山酒造の純米酒。渋く辛く、適度な酸で一筋縄ではいかない銘酒。旬の緑ラベル。

七賢 風凛美山生酒
山梨県
ココのメインは昔ながらの生もと造り。美山錦のしっかりした硬さを乳酸の優しい酸が包み込んでいます。

七冠馬 純米しぼりしな原酒
島根県
当店では初入荷の七冠馬。9号系の酵母の速醸造り。薫り華やか目、適度な酸度を予想します。

而今 八反錦火入れ
三重県
而今らしい酸味を持ちながらも、「八反錦」の優しさも持っています。而今のすごいところは、それぞれの酒米の特徴を活かしながらも、「これは而今!」という風味を出せているところではないかと思います。どんな酒米でも、「而今」と呼ばれる酒造りは流石です。

而今 特別純米にごり酒
三重県
富山県産五〇〇万石を全量使ったにごり酒。開栓してしばらくの今が飲みごろ。精米歩合60%。アルコール度数16.5。三重Mk1酵母を使った活性にごり酒です。

而今 愛山火入れ純米吟醸
三重県
兵庫県産愛山米を全量使った純米酒。アルコール度数16度。精米歩合は50%なので大吟醸と言っていいのですが、木屋正酒造さんは吟醸として出荷しています。愛山の甘みがありながら、酸度や含みはそのまま而今とわかります。

而今 山田錦無濾過生
三重県
三重県産山田錦全量使用。精米歩合50%、アルコール度数16.5度。 日本酒度+1、酸度1.6。

而今 9号酵母火入れ
三重県
「而今」というお酒の特徴は、確かにバランスが良い。キラキラした旨味に飲みたいという欲を引き出す素敵な香り。火入れ酒は麹米に「山田錦」を使用。麹 山田錦 掛 五百万石 精米歩合 60%日本酒度+-0 酸度 1.7 アミノ酸度 1.4 アルコール度数 16度 酵母 自社保存9号

獅子の里 純米オリゼー
石川県
スペルは「Oryzae」。ゆったりとした優しい味。森林浴を想わせる穏やかな香りを感じられるか?

四季桜 特別純米無濾過生原酒
栃木県
栃木の宇都宮からの刺客。五百万石全量使用の無濾過生原酒。鳳凰や仙禽に迫るか?初入荷です。

司牡丹 船中八策
高知県
龍馬が船中にてこれからの日本の行く末を思索したという逸話から。これからの日本は甘くない。

残草蓬莱(ざるそうほうらい) しぼりたて
神奈川県
夏酒ではラムネ感バリバリでした。精米歩合75%、アル度数18。冷酒のイメージがありますが、ここは「燗」で。

燦然 雄町原酒
岡山県
岡山県産の雄町全量。生詰め原酒なのでひやおろしではありません。雄町の香りはしっかり、かつスッキリ。

山本 美郷錦
秋田県
秋田県産の美郷錦全量。瓶詰めの際に一回火入れを行っています。軽く甘酸っぱく爽やかな味。

山本 ひやおろし
秋田県
生詰め瓶燗急冷貯蔵。備前雄町全量の吟醸酒。セクスィー酵母ではないと思われますが、旨さは折り紙つき。

山本 ドキドキ青ラベル
秋田県
ワクワクなど、いろんな酵母をお持ちの白瀑さん。今回はドキドキの青ラベルです。カリリと辛い山本。

山法師 爆雷+28生原酒
山形県
+28という信じられない日本酒度を叩き出す爆雷。今回は生原酒で入荷。ウォッカ並みのドライ感を生酒で。

山法師 爆雷 生原酒
山形県
いつもいの一番に無くなってしまう山形の辛口爆雷。日本酒度+28度。ウォッカ並みのドライ感。

山法師 生原酒
山形県
日本酒度+28激辛の「爆雷」で有名な山法師ですが、今回は吟醸生原酒。ドライでコクありという味の程は?

山法師 純吟うすにごり生
山形県
半年熟成の微発泡うすにごり。仄かなガス感と旨味。辛めでドライな山法師ですが、今回は如何?

山法師 吟醸あらばしり
山形県
薫りとキレはそこそこ。ウォッカ感のある辛酒で有名な山法師のあらばしり生酒です。呑み飽きしない男酒。

山城屋 新酒直汲み
新潟県
五百万石とこしいぶきで醸した精米歩合60%。独特な吟醸香と少ない酸味とされる10号酵母使用。越銘醸の全力。

山車 純米
岐阜県
岐阜県高山の山車の名を冠する酒。恵那や木曽方面の味と違ってガッチリとした純米酒になっています。

山形正宗 赤磐雄町
山形県
赤磐産雄町全量の山形正宗。甘めの正宗が雄町をどう醸すか?精米歩合65%、アル度数16。

山形正宗 夏ノ純米
山形県
うっすら甘く、芳醇系で知られる正宗。花火ラベルが夏っぽい今回の夏酒、初入荷です。

三連星 吟吹雪純米無濾過生原酒
滋賀県
酒造好適米「吟吹雪」の無濾過生原酒。ラベルも「ドム」色で、一筋縄ではいかない雰囲気。

三連星 ひやおろし
滋賀県
甲賀の三連星ひやおろし。吟吹雪全量。グッとくる辛めの熟成感。香味はスモーキー。樽ではなく瓶火入れ。

三芳菊
徳島県
今年最後の「青」サイド。個性がありながら、瓶詰めごとに変化無し。造りと流通に気を使っている証拠。

三千櫻 純米渡舟ひやおろし
岐阜県
明治10年、庄屋の4代目だった山田三千介が酒造業を始めました。以来、品質第一の酒造りを行っています。銘柄名の「三千櫻」は、この三千介の名前に由来しています。元の米と山の水、そしてこの地の風土に合い、地元の人が誇りを持って土産に持っていけるような、そんな酒を造りたいと努力しています。

三千櫻 純米五〇〇万石
岐阜県
五〇〇万石全量。精米歩合60%。アルコール度数17度。五〇〇万石のスッキリ感と、三千櫻らしいふっくらとした味が魅力です。

三千櫻 純米愛山ひやおろし
岐阜県
愛山米全量のひやおろしです。優しく、すぅっと入る口当たり。少し甘く、また爽やかです。精米歩合60% アルコール度数15度。

三千櫻 純米愛山
岐阜県
愛山米全量。精米歩合60%、アルコール度数16度。

三千盛 純米大吟醸
岐阜県
旨み、酸味がしっかり溶け込んでいます。冷やではさらりとして軽快な口あたりながら、味のふくらみを感じることができます。精米歩合は45%、日本酒度+11。アルコール分 15度以上16度未満

三井寿 ポルチーニ
福岡県
秋が始まるこの時期に出る福岡の「まつたけ」です。優しく、出過ぎず、旨味の乗ったアミノ酸たっぷり。

三井の寿 チカーラ
福岡県
チカーラは蝉の伊語。使用米は福岡特産の「夢一献」。リンゴ酸が出ていて夏らしいさわやかな味。

笹一 猫芸者
山梨県
笹一さんの猫芸者。カワイイ化け猫のラベルで有名ですね。裏書からは判りませんが生もとでしょうか?初入荷。

作 ひやおろし
三重県
鈴鹿の作。ひやおろしです。三重の夢全量。香りほのか、落ち着きのあるしっかりした造り。まとまった味わい。

坤滴 山田錦純米
京都府
酒どころ京都伏見で特別栽培された山田錦を、全量使った純米酒。雑味がなく、さっぱりした風味。

黒松仙醸 こんな夜に 山椒魚
長野県
久しぶりの入荷です。「雷鳥」、「鹿」と入れてきましたが、今回は「山椒魚」。押しの強い中取り生酒。

黒牛(くろうし) 純米酒
和歌山県
厚みがあり、しっかりとしたボディを持ちながら、円やかなやさしい落ち着いた味わい。フルーティな香り、舌回りには広がりがあり、喉をしなやかに滑り込む感触。

黒牛 純米吟醸
和歌山県
山田錦全量の吟醸酒。いつもの重みや甘み以上に華やかな飲み口。押しの強いBlack Oxです。

国士無双 烈
北海道
道央旭川の国士無双。北海道の酒蔵は、現在メインで「吟風」を酒米として使っているとのこと。

国権 垂れ口
福島県
瓢箪ラベルの国権。福島酒らしいコクと薫りですが、飲み口は軽めの筈。中将との飲み比べをオススメ。

高千代 美山錦純米酒
新潟県
日本酒度+19。辛口の美山錦全量使用の素濾過火入れ酒。冷でも燗でもいけます。

高千代 活性にごり生原酒
新潟県
以前、超辛口を仕入れたことのある「高千代」さま。今回は活性にごり酒です。精米歩合65%。アルコール度数16-17度。

高井㈱ 巌 ひやおろし
群馬県
群馬県藤岡市の高井さんが醸す「巌」のひやおろしです。裏ラベルからは3月仕込みの9月瓶詰め。初入荷。

香住鶴 兵庫北錦山廃
兵庫県
真っ白いクールな香住鶴。北錦を使った山廃。本当に綺麗で澄み切った酒。初入荷。

五凛 純米山田錦
石川県
天狗舞の蔵が造る別レーベル「五凛」。呑口静かですが、山田錦らしいキレを感じます。

五凛 ドンブレンド
石川県
山田錦全量、時期の異なる樽から2種類をブレンドした酒屋限定のPB酒です。社長ブレンドde、ドン・ブレンド。

五橋 純米生酒
山口県
定番五橋の生酒。優しい甘さ、生酒らしい深みと少しのヤンチャ感。それを上品にまとめ上げる岩国の名蔵。

五橋 ファイブ イエロー
山口県
辛口で仕上げてくる「ファイブ」シリーズ。今回は白麹を使ったイエロー。実は黄麹より白麹の方が黄色いとか。

五橋 ひやおろし
山口県
五橋。今年のひやおろしが初入荷です。軽快な口当たりとしっかりした旨味。バランスの良い上品酒。

五橋 きもと夏酒純米生
山口県
前回の「五ファイブ」に引き続き、この頃は「押しの強いラベル」で迫る五橋。長州の良心。

戸隠 特別純米「錦」
長野県
長野県産「美山錦」を全量使い、戸隠神社付近の湧水を使った特別純米酒。落ち着いた旨口です。これは飲み飽きしません。精米歩合は酒母で39%、麹で59%、掛米で65%。

月山 ひやおろし
島根県
水の良い島根月山の軟水を使用しています。全く喉に引っかかりを感じません。柔らかい銘酒。

月の輪 純米ひやおろし
岩手県
精米歩合65%。岩手県産酒米を全量使用。金山の坑道にて熟成されたものです。

結びゆい 純米雄町
茨城県
結城酒造のフラグシップ。香り良い茨城酒の中で、雄町使いの味の程は?初入荷です。

鯨波 無濾過生
岐阜県
中津川の里山の中腹にある恵那醸造からの新酒です。無濾過生酒とは思えない柔らかさと薫りと、甘さ。

九郎佐衛門 雅山流 純米大吟醸
山形県
「翠月」と冠される純米大吟醸。出羽燦々を全量使った華やかさ。精米歩合50%の飲み口の良さを併せ持っています。

九郎右衛門 特純夏生酒
長野県
ゆったりとした芳醇さの長野九郎右衛門。今回は初入荷の夏生酒です。

九郎右衛門 にごり
長野県
活性にごりで微発泡。微かに甘く、さっぱりとした口当たりです。流石の十六代九郎右衛門。スカスカと入ります。

九郎右衛門
長野県
発泡にごりで九郎右衛門の新酒が到着です。米の薫り強く、喉越しさっぱり、素晴らしい発泡感とキレ。

九頭竜 純米吟醸
福井県
精米歩合55%。アルコール度数14.5。純米吟醸ですが、ぬる燗から上燗で燗映えするようです。日本酒らしい日本酒。スルスルと入っていきます。

金宝 自然酒にごり酒
福島県
そろそろシーズン到来。夏酒のにごり酒です。福島酒らしい重みや甘味を感じますか?

鏡山 生原酒夏酒
埼玉県
優しい甘味と芳醇さが心地良い鏡山。吟香も華やかで喉越しも滑らか。キレも冴えています。

鏡山 原酒ひやおろし
埼玉県
川越産米使用。果たして「さけ武蔵」の味は?ラベルによれば樽貯蔵原酒の瓶火入れ。

郷の誉 純米吟醸
茨城県
「山桜桃」を醸している須藤本家様のフラグシップとなるお酒です。優しい甘味とすっと入る喉越しは、流石。

菊初御代(きくはつみよ)
宮崎県
東京ではお目にかかれない宮崎県東諸県郡、雲海酒造の純米酒。そこはかとなく南国の香り。

亀の海 細雪
長野県
吟醸の直汲み、無濾過生酒。切れ味はするどく、それでいて味わいもあります。上品な長野酒。

亀の王
新潟県
スッキリ辛めの亀の王。夏酒らしく軽く仕上がっています。

紀土(きっど)純米吟醸
和歌山県
山田錦全量。精米歩合50%。9号酵母のフルーティさを持ちながらも、重くない含みを誇ります。非常に呑みやすく、女性にもお勧めです。アルコール度数15-16度。

紀伊國屋文左衛門 ひやおろし
和歌山県
中野BCの醸す、ふくよかな優しいひやおろしです。ツマミによく合うフレッシュな秋酒の筆頭。呑み飽きしません。

紀伊國屋文左衛門
和歌山県
山田錦と出羽燦々のブレンドによるスッキリと香り高い作り。辛めで強い日本酒らしいお酒。新酒で登場。

帰山 純米吟醸古酒
長野県
美山錦55%削り。帰山特有の強めの味を長期熟成した古酒。都内では帰山はなかなか手に入りません。初入荷。

帰山
長野県
佐久の酒蔵様です。明鏡止水とは違い、しっかりがっちりした甘味とコクを誇ります。「帰ってきたウルトラ山」。

喜多屋 純米吟醸
福岡県
九州酒としては珍しく雄町全量の吟醸生酒です。自ずとキレとコク、程よい酸味を期待してしまいます。初入荷。

喜正 夷(えびす)
東京都
あきるの市内の酒蔵喜正。目出鯛ラベルでこの時期人気。精米歩合60、ドライな印象で軽く呑めます。

雁木 純愛無濾過生原酒
山口県
山田錦全量。精米歩合60%。アルコール度数17-18度の少し辛めの無濾過生原酒です。今回は新酒での入荷。

雁木
山口県
岩国の銘蔵。スッキリした薫り高い新酒。フルーティを通り越してジューシーですらあります。

巌(いわお) 純米本生
群馬県
群馬の民宿でお世話になった時、ご主人が自酒として大事そうに抱えていたのを思い出します。

観音裏
福井県
福井の眞名鶴さんに造って貰っている大枡のPB酒。福井っぽいスッキリした口当たりです。辛口。

寒紅梅 冬のうすにごり
三重県
五百万石全量の津市のうすにごり。、発泡感があり軽くドライな印象でいくつでもいけそうな危険な感じです。

刈穂 うすにごり生酒
秋田県
うすにごりの生酒です。しっかりした味の立ち。米の薫りの爽やかさ。アタリは強めなのでキリリと冷やして。

刈穂 WhiteLabel
秋田県
留麹に白麹を使い、蔵付き分離酵母8番で醸したおりがらみ生酒。程よい甘味と酸味で爽快です。

角右衛門 しろくま
秋田県
昨年に引き続いての夏酒入荷。去年からラベルは変わってませんね。ドライで軽く呑めます。

開運 涼々
静岡県
開運の夏酒。造りと味は相変わらず開運ですが、若干の酸味と甘味でさっぱりしています。

開運 無濾過純米にごり
静岡県
例年は祝酒で行く開運ですが、今回はこの新酒のにごり酒で。年末年始のお屠蘇はこの酒で決まりです。

開運 無濾過 雄町
静岡県
開運が醸すと全てが開運の味になります。たとえそれが「雄町」であったとしても。そこはかとなく雄町の薫。

開運 純米吟醸
静岡県
掛川。すっきりした富士山渓水に恵まれた静岡ですが、開運は少しまったり目の優しい口当たり。

会津中将 純米生原酒
福島県
もったり系の多い福島酒の中でもスッキリとした味わいの中将。今回は無濾過初しぼりの生原酒というレア。

会津中将 ひやおろし
福島県
スッキリした瓶ですが、ひやおろし。五百万石全量。会津にしてはもったり感の少ない酒蔵。切れ味鋭い。

賀茂泉 八反錦純米
広島県
広島西条の地酒。八反錦の薫り微かに、渋めに仕上がっています。

賀茂金秀 辛口夏純
広島県
広島酒の十八番である「八反錦」を使用した金光酒造の辛口。旨味を感じるしっかりした夏酒です。

賀茂金秀 しぼりたて生酒
広島県
賀茂金秀の新酒。薫りよし、さっぱりとフルーティ。今季の新酒も良い出来です。今の時期だけのしぼりたて。

花巴 水もと新酒
奈良県
こちらも新酒の水もとのにごり。一昨年から好適米に切り替えてキレを増した花巴、今年の出来を占う新春の一杯。

花巴 水もとにごり酒
奈良県
ようやく一升で入荷できました。生米から造る奇跡の水もとにごり。柔らかで強い乳酸菌の味を喰らえ。

花巴 山廃純米
奈良県
蔵付きのしっかりした乳酸菌で制御した山廃の一回火入れ。熟成感と程好い枯れ、優しい甘さ。人肌でお燗?

花巴 山廃四段仕込み
奈良県
福島の花泉でよくやる「四段仕込み」を花巴の山廃で!しっかりした奈良酒の味と膨よかな薫りをどうぞ。

花巴 弓弦葉
奈良県
スッキリ弓弦葉を大吟醸で醸したとなれば、その薫りと酸味の品の良さは想像できます。ちょっとお高め。

花泉 純米酒
福島県
「旨み・甘み・酸味」の三位一体となった深い味わいと、純米らしからぬ、とてもさわやかなお酒です。通常、掛米は三段で仕込みますが、花泉は四段目に「もち米」を使うという、独特な製法。ふっくらした米の香りが楽しめます。

花泉 七ロ万(ななろまん)
福島県
使用米は「五百万石」と「夢の香」。ロ万シリーズは温度で味が少しずつ変化していく酒です。

花泉 ロ万
福島県
詠みは「ろまん」。餅米を掛米に使用する四段仕込みは未だ健在。昨年末の絞り。温度で変わる薫りと味。

花垣 米しずく 純米酒
福井県
ふっくらとした香り、純米酒らしい味の幅があります。日本酒のルーツは純米、純米酒といえば「米しずく」。燗はもちろん冷やでも楽しめる定番品です。

花垣 純米にごり酒
福井県
「米しずく」で知られる福井県大野市の南部酒造場のにごり酒です。12月から出回り始めますが。最初はスッキリ。年を越して2月くらいになってくるとほんのりと甘くなってきます。冬季限定、にごり酒の出荷時期によるお酒の味の変化を追いかけてみませんか?精米歩合60%、アルコール度数14-15度。

屋守 無調整生
東京都
いつ呑んでも、何呑んでも屋守は屋守。若干、後残り成分は軽く、夏酒らしく仕上がっている様です。

屋守 中取り無調整
東京都
東京都豊島区の銘酒。香りと変わった鼻通りに特徴があります。

屋守 おりがらみ
東京都
豊島屋さんの屋守のおりがらみです。薫りも後味も際立つこの時期、特別な黄色ラベルでお目見えです。

屋守
東京都
八反錦使用の純米無調整生詰酒。相変わらずの香水のような薫りと喉越し。どう醸せばこの味が出るのか…

悦凱陣 純米吟醸
香川県
香川の銘酒凱陣、ようやく入荷。精米歩合50。讃州山田錦全量の素性宜しい大吟醸。ちょっとお高めですみません。

栄光富士 美山錦
山形県
今回は美山錦全量の純米吟醸です。あっさり系の美山をどう醸したか?今年の雄、栄光富士さん実力拝見。

栄光富士 大吟醸 雄町
山形県
出ました栄光富士。今回は雄町の大吟醸。無濾過生原酒。是非とも今年も含みの奥深さを測りたい注目蔵。

栄光富士 仙龍
山形県
今年は最高の出来で話題の栄光富士の新酒が出ました。その名「仙龍」。来年の出来を占うしぼりたて。

栄光富士 水晶の伝説
山形県
大吟醸無濾過生原酒新酒。「歓喜を喚起する酒」。この頃の栄光富士はラベルが変。何処に向かうのか?

栄光富士 酒未来
山形県
この頃、出来が冴えてきた栄光富士さんの酒未来全量酒。芳醇で力強く、爽やか。

栄光富士 七星(ななほし)
山形県
久しぶりの栄光富士。濃くしっかりした味と酸味で、非常に味わい濃い夏酒に仕上がっています。

栄光富士 山田錦生酒
山形県
出来の良すぎた今年の栄光富士。新酒仕込み前の蔵出し大放出が始まってます。山田錦全量の大吟醸。

栄光富士 闇鳴秋水
山形県
今年は出来が良すぎて蔵に酒が残ってない栄光富士の最終兵器。年に一日のみ出荷。超限定の大吟醸。

栄光富士 おりがらみ 白燿
山形県
当店が毎度追っかけている栄光富士。今回は春らしいおりがらみ。是非とも今年も含みの奥深さを測りたい注目蔵です。

一喜 直汲み 酒こまち
千葉県
千葉の酒々井の飯沼本家。掛米酒こまち、麹米山田錦という直汲み新酒。爽やかで上品な甘みの新酒。

一喜 純米大辛口
千葉県
日本酒度が+10という、強い味わいの純米酒です。その割にはクセがなく、すっとした喉越しです。

井上合名 チカーラ夏酒にごり
福岡県
「蝉」の伊名チカーラのにごり。三井寿を使った夏酒が蟋蟀の鳴色と共に入荷です。夏酒の最後に!

旭興 直汲み
栃木県
しぼりたての無濾過生原酒。若干の発泡感があるうすにごり。暫くすると旭興独特のリンゴ香がしてくる筈。

若駒
栃木県
六代目が、奈良で三年間の修行を終え、蔵に戻り自ら造ったブランドです。軽く、香りよく、辛口。

龍青 愛山
兵庫県
愛山60%削りの淡麗系。しかし愛山の薫りは残ります。心白の大きい愛山は削りには不向きですが、丁寧な削りの勝利か?

隆(りゅう)生おり酒
神奈川県
ぬる燗が合います。ふつふつと湧く白い泡を見ながら少し待ってみましょう。燗映えを得意とする蔵の自信作。

李白 きもと仕込み
島根県
きもと仕込みの程よい酸味。ぬる燗で最高。微かな甘みもあり、呑み飽きしない落ち着いた味。

来福 純米初しぼり
茨城県
"茨城県産五〇〇万石全量。ほのかな甘みと酸味。 精米歩合は59%とあまり削っているお酒ではありませんが、呑みやすく仕上がっています。"

来福 愛山
茨城県
愛山米を使った、とろりとした舌触り

夜明け前 純米吟醸生酒 ペール
長野県
フルーティで香り良し。香り良く、優しく呑めます。

夜明け前 純米吟醸生酒 ブラック
長野県
フルーティで香り良し。定番酒。ペールより香りが強いです。

夜明け前 純米吟醸生一本
長野県
程よくボディもあり、薫りよいフルーティな生一本の生酒です。人気酒。

夜明け前 生一本 火入れ
長野県
フルーティで優しく甘い夜明け前。今回は火入れをご用意し、柔らかな口当たり。

夢心(ゆめごころ)
福島県
福島酒らしい体格と、薫りです。その割にはあっさりしていて呑み飽きしません。

ゆきの美人 夏しぼりたて生酒
秋田県
6月に搾ったしぼりたて生酒。暑い夏においしく飲めるようすっきりとした喉越し独特の酸。

遊穂 花さかゆうほ
石川県
春っぽいピンクラベルの花さかゆうほ。石川らしい優しい味のうすにごりです。本当は桜を見ながら呑みたい酒。

山本 大吟醸
秋田県
5割削りの白瀑の新酒。大きな「山本」のロゴは3周りくらい小さめで、スッキリジューシー。

山本 純米吟醸
秋田県
セクスィー酵母使用の山廃つくり。キリリスッキリの山廃。お燗はダメよ。

山法師 純米超辛口原酒
山形県
スカーン!と辛口の原酒。スーパードライ。

やまとしずく
秋田県
優しく糠感の残るユキノヤマト。うっすらとうすにごりになっています。流行りのキレに逃げない秋田の良心。

山猿 ひやおろし
山口県
山陽小野田市。ややモッタリ系のひやおろし。酸も程よく、含みは少し懐かしげな味です。猿顔が可愛いですね。

山形正宗 純米吟醸「稲造」
山形県
天童産山田錦全量。精米歩合55%。 サッパリとした辛口の中に渋みを併せ持つ飲みやすい純米吟醸酒です。

山形正宗
山形県
出羽桜と並ぶ、山形の定番酒。口当たりは非常に柔らかに仕上がっています。

もりいずみ
宮城県
特別純米。大崎市の森民酒造さんの地酒。味濃く、グワンとくるしっかり辛酒。強い酒です。

村祐 紺瑠璃
新潟県
新潟の割には甘めの味を出す村祐さん。紺瑠璃はその中でもあっさり系で仕上げています。

宗正 特別純米佐賀の華
佐賀県
芳醇でコクが有り、少し重め。日本酒らしいお酒です。

三芳菊(みよしぎく) ワイルドサイド
徳島県
甘酸っぱく、非常に甘露。日本酒とは思えないかもしれません。入るとすぐに無くなる人気銘柄。

三芳菊 ワイルドサイドをゆけ
徳島県
甘酸っぱく、非常に甘露。日本酒とは思えないかもしれません。

三芳菊 ワイルドサイド羊
徳島県
ワイルドサイド。今回から潤沢に仕入れられるようになりそうです。今回は初入荷の「羊」。甘い酸と複雑な味。

みやさか 純米吟醸山廃50 生酒
長野県
「7号酵母」と「真澄」で知られる宮坂醸造で醸されたお酒。この「みやさか」は真澄を冠さない別ブランドです。この蔵元様の本気レーベルといって過言ではありません。真澄の風味を持ちながら、素晴らしく優しい口当たり。首都圏ではほぼ手に入らない山廃です。

みやさか やわらか純米55
長野県
「週末、泥酔の酒」ではなく、「毎晩、ほろ酔いの酒」を目指した、みやさかの純米吟醸。精米歩合55%。アルコール度数12度の優しいお酒。女性にもお勧め。ゆったりと杯が進みそうです。

みやさか うまくち純米60
長野県
長野県あずみのの美山錦全量を精米歩合60%で削っています。落ち着いた香りと、穏やかな味わいの食中酒です。 程よい酸味であと残りは少ない印象です。

南 特別純米
高知県
高知県らしいさっぱりとした辛さ。当店では初入荷です。

みなかた
和歌山県
南方熊楠から名前を取った和歌山県のお酒。ここらしく柔らかく仕上がっています。

三千盛 純米大吟醸 にごり
岐阜県
ギリリと辛い大吟醸濁り酒。いわゆるエクストラドライ。

まんさくの花 雄町限定原酒
秋田県
雄町米全量を55%で削って醸した順米吟醸酒。アルコール度数17-18度。

まんさくの花 美山錦純米吟醸
秋田県
スッキリ呑みやすく、流石のまんさくの花。美山錦の優しい甘さも出ています。

まんさくの花 特純無濾過生原酒
秋田県
横手の日の丸酒造、まんさくの黄ラベル。軽くスッキリ。いつもの辛さとは違い、若干甘い仕上がり。

まんさくの花 槽しずく
秋田県
まんさくの花のうすにごり。精米歩合55%。アルコール度数17-18度。吟の精を全量使用した生原酒です。

まんさくの花 純米吟醸美郷錦原酒
秋田県
美郷錦55%。生詰めの原酒ですが、非常に呑みやすく、優しい喉越しです。

まんさくの花 純米吟醸蔵内限定酒
秋田県
精米歩合55%。美山錦91%、吟の精9%という絶妙な配合を行っています。スッパリと呑みやすく、あと残りしません。年間で600本しか造られない蔵内限定酒です。

まんさくの花 純米吟醸
秋田県
チャレンジ酵母Cという特殊な酵母を使って、まさにチャレンジした生詰原酒。美山錦74%山田錦26%という絶妙な配合で、甘い吟醸香と、程よい渋みを味わえます。パープルの箔押しのラベルが、一風変わったまんさくをアピールしています。

まんさくの花 山田錦55
秋田県
山田錦を全量使った精米歩合55%の純米吟醸です。山田錦らしい、さっぱりとしたキレ。鮮やかなオレンジ色のラベル

まんさくの花 亀寿 純米大吟醸
秋田県
亀の尾米を全量使った純米大吟醸です。アルコール度数16-17度。

まんさくの花 愛山酒純米大吟醸
秋田県
愛山を全量使った純米大吟醸。限定品です。希少!

まんさくの花 槽しぼり
秋田県
横手の日の丸さんの新酒。雫のラベルが涼しげです。まんさくにしては優しい口当たりな槽しぼり。

まんさくの花 純米吟醸
秋田県
秋田県横手市の辛口名門酒。キリリとした切れ味の中にほんのりとした甘さ。定番酒。

まんさくの花 サケノミクス
秋田県
精米歩合70%。アルコール度数15度。すっきりとした喉越しの限定新酒。

まんさくの花 亀の尾限定
秋田県
夏子の酒で有名な亀の尾使用。味はしっかり。飲み口さっぱり。かすかな甘み。さすが横手の名蔵。

まんさくの花 亀の尾
秋田県
このラベルは「亀の尾」使いで貼られますが、箔押ししてあるという限定品。45%削りの贅沢なゴールドです。

まんさくの花 雄町酒
秋田県
辛口スッキリのまんさくの花。今回は雄町全量48%削りの大吟醸。一回火入れしており、落ち着いた雄町風味。

まんさくの花 槽しずく うすにごり生
秋田県
あっさりと辛口な純米大吟醸。うすにごりです。

幻舞 純米吟醸
長野県
美山錦全量の吟醸無濾過生原酒。さわやかな飲み口。アルコール度数17度の割にはサクサク入ります。

まつもと 守破離
京都市
「醸し人九平次」の弟子が京都の伏見で醸した純米酒。「守破離」とは茶道用語で「師の教えを守って、破って、離れる」という意。精米歩合65%とは思えないほどのスッキリ感。

松の寿 純吟無濾過生
栃木県
"雄町全量の無濾過生原酒。 精米歩合55%、アルコール度数17-18度。日本酒度+1.5、酸度1.5。"

松尾 純米吟醸 荒瀬原
長野県
精米歩合59%、アルコール度数17度。荒瀬原地区の酒米全量。容器詰め熟成。

萬寿鏡 一年寝太郎
新潟県
瓶に移し替えて1年寝かせた熟成酒です。瓶寝かせとは違う味が出ています。今年から頑張ろう。

満寿泉(ますいずみ)
富山県
精米歩合58%、アルコール度数16-17度の純米吟醸酒。 口当たりは非常にサッパリとしていますが、その後、強く複雑な味がいっぱいに広がります。

満寿泉
富山県
吟醸の富山満寿泉。新酒の例にもれず、これもスッキリ目。しかしながら北陸酒らしいボディは健在。

舞美人 無濾過熟成生原酒
福井県
BY25の熟成酒。うっすら琥珀色。ガッツリした味の山田錦85%。これはキてます。

ぼっちり 特別純米辛口
高知県
土佐しらぎくの燗上がり特別純米。精米歩合60%。アルコール度数15-16。「ぼっちり」とは土佐の方言で「ちょうど合う」という意味。

星自慢
福島県
福島酒にしては、辛めあっさりに振れていると思います。呑み飽きしない筈。

寳剱(ほうけん) 純米吟醸
広島県
広島県産八反錦全量使用。精米歩合55%。澄んだ味わいと軽い?み口。

鳳凰美田 純米生酒
栃木県
フルーティかつ薫り高く、しっかりした味の栃木県小山の銘酒です。

鳳凰美田 NEWスペック
栃木県
"富山県産山田錦全量。精米歩合50%、アルコール度数15-16度。 立ち上る吟醸香。上品な生酒です。"

ヘト・(やまとしずく)山廃純米
秋田県
夏酒では若干辛めだったへト・でしたが、今回の山廃は如何か?山廃としては初入荷です。

へト・(やまとしずく) 爽秋ひやおろし
秋田県
人気のやまとしずく。55%磨きのひやおろしです。9月に瓶詰めしたしぼりたて。ひやおろしでは初入荷。

ヘト・(やまとしずく) 美山錦
秋田県
薫りよく、辛め。美山錦なのでしつこい感じはしません。あっさりとした喉越しです。

ヘト・(やまとしずく) きもと
秋田県
すっきりさっぱり系の秋田酒。今回、生もと造りのしっかりした強めの酸を感じます。燗してもいいかもしれません。

分福 純米生原酒
群馬県
"精米歩合60%。 アルコール度数18と高めですが、さっぱりした酸味でスッと呑める生原酒。"

富久長 海風土(シーフード)
広島県
炙りや酒盗、ホヤなど海山と一緒に楽しんで欲しい、少し酸味の強いワイン風味の爽やか系広島酒。オススメ。

廣戸川 純米吟醸
福島県
福島県の雄。しっかりした味わい。程よいコク。

飛露喜 特別純米無濾過
福島県
精米歩合55%ながら、立ち上る吟醸香と共に、非常に軽い口当たりを誇ります。 上向きに鼻腔に消えていく、柔らかい生酒。

百十郎 百炎
岐阜県
クマどりのラベルでお馴染みの百十郎。今回は無濾過生原酒の「百炎」です。五百万石全量の6割削り。

百十郎 黒面(くろづら)
岐阜県
歌舞伎役者のクマどりラベルが特徴的な辛口。スッキリ系。呑み飽きしない味に仕上がっています。

百十郎 Gタイプ
岐阜県
岐阜の銘酒。黒、赤、青とありましたが今回は初入荷の特別仕込みのGタイプ。

百十郎
岐阜県
歌舞伎役者のクマどりラベルが特徴的な辛口。スッキリ系。呑み飽きしない味に仕上がっています。

飛騨の田んぼ
岐阜県
「鯨波」と同様に、岐阜の好適米「飛騨誉」を使ったスッキリ味。軽く呑めます。

日高見 弥助生
宮城県
辛め、スッキリ。宮城県らしい切れ味を誇ります。

日高見
宮城県
スッキリして薫りもほどほど。宮城県らしい切れ味鋭い辛口の食中酒です。程よい酸味で呑み飽きしません。

聖(ひじり)
群馬県
辛め、かつフルーティでなかなかの切れ味です。山田錦を使った生酒です。

聖 山田錦
群馬県
群馬県からは山田を使った聖。力強い味。

聖 五百万石ひやおろし
群馬県
複雑な香りを味を出した山田錦ひやおろしに続く第二弾。今回は五百万石。

美丈夫 ひやおろし
高知県
高知らしいピリリ系。口当たりのキレに加え、柔らかく旨味も乗った香味です。今季初入荷。

美丈夫 純米大吟醸生酒 しずく媛
高知県
高知らしいキリリとした辛口生酒ながら、うっすらとした甘味も感じられます。クールビューティ。

美丈夫 しぼりたて生原酒
高知県
今年の新酒。キッパリさっぱりの切れ味。さすがの高知酒です。

聖 槽場直詰め
群馬県
いつもは独特な強めな味を誇る「聖」。今回は新酒らしく、すっきり目で仕上がっています。

春鹿 ひやおろし
奈良県
甘めでちょっともったり系の旨口酒。奈良酒は一味違います。

原田
山口県
山口県からは今は原田。獺祭や五橋とは違ったキレがあり、味は少し強め。

林 五百万石
富山県
富山県産五百万石使用の淡麗酒。酸味と甘みの程よく、優しく呑めます。55%削り、アル度数16度。

はなともえ 弓弦葉
奈良県
適度な酸味がありながら、奈良酒らしいガッスリした切れを出してます。お米が変わって特有な切れ。

花巴 山廃純米
奈良県
甘く、酸が引き締まり、そして少し重めの山廃酒。花巴は「懐かしい」味を良く出してくれます。

花巴 山廃うすにごり
奈良県
山廃造りのうすにごり酒。美吉野らしくしっかりした酸と味。腸内フローラ活性!

はなともえ 無濾過生
奈良県
山田錦全量。精米歩合55%。 万葉集、弓削皇子の詩にある「弓弦葉の井戸」と言われる採水地から汲み出される軟水で仕込まれています。 芳醇な香り、柔らかくタモっとした味わい。優しい純米吟醸酒です。

花巴 水もと造り うすにごり
奈良県
生米から仕込む「水もと」造り。甘酸っぱく、独特な味。好適米使用でスッキリ感増し。しかもうすにごり。

花巴 水もと造り
奈良県
通常と違って生米から仕込む「水もと」造り。甘酸っぱく、日本酒とは思えない味。ハマる人多数。

花垣 純米にごり酒
福井県
水の良い大野市にある南部酒造場のにごり酒。この時期からすこしずつ甘味が出てきます。

花泉 花咲きロ万
福島県
四段仕込みの花泉。優しいお米の感触。温度の変化で味が大きく変わる酒としても有名な酒蔵です。

花泉 ゼロ万
福島県
福島にしては軽めに仕上がっています。花泉は四段仕込みをする蔵として有名です。

花泉 純米にごり酒
福島県
"精米歩合65%。アルコール度数16度。 甘さ控えめ、飲みやすさの中に味わいがあります。キッパリとしたにごり酒。"

初孫 純米本辛口
山形県
精米歩合55%、アルコール度数16度。 初孫 きもと造り
山形県
「山卸し」を行い、自然乳酸菌をしっかり出した生もと造り。芳醇な酸味と香りです。

初孫
山形県
山形の生もとづくり。コクに寄った造りを目指しています。当店初入荷。いかがでしょうか。

ばくれん山田穂辛口吟醸
秋田県
山田錦の母系祖、山田穂全量の吟醸酒。日本酒度+20の辛口です。コレのみ本醸造でお出しします。

萩錦 誉富士純吟生原酒
静岡県
誉富士全量使用。精米歩合60%。アルコール度数18-19度。日本酒度+2、酸度1.4。

苗加屋 無濾過生原酒
富山県
北陸っぽくない優しい甘味が特徴の富山酒の中でも、スッキリ感の程よい山田錦。極薄にごり。

苗加屋 夏の純米
富山県
柔らかな味で定評のある苗加屋さん。今回の夏酒は初入荷。今回もちょっと甘めでしょうか?

人気一 純米吟醸
福島県
二本松の酒蔵。甘めで少しもったり系の福島酒。今回の新酒は全体に軽めに仕上がっています。

南部美人 純米吟醸
岩手県
スッキリと辛口。香りもほどほどで飲みやすい辛口。

南部美人 Yuzoスペシャル
岩手県
若干樽を自分用に確保して、趣味で醸したYuzoスペシャル。少し甘めにシフトした南部美人の獅子身中の虫。

鍋島 特別純米
佐賀県
相変わらずのすっきり感と香りが出ています。今回は精米55%のClassicラベル。

鍋島 純米無濾過生原酒
佐賀県
精米歩合55%の吟醸酒。香りよく、微かに酸味立ち、スッキリです。鍋島の無濾過生原酒は貴重。

鍋島 純米吟醸山田錦 あらばしり
佐賀県
昨年末のニュームーンに次ぐ鍋島の優しいお酒。香り酸味よく渋みも兼ね備えます。

鍋島 純米吟醸三六万石
佐賀県
爽やかな吟醸香。山田錦全量を半分磨いた大吟醸。誰がどう呑んでも美味いを感じられる筈。

鍋島 純米吟醸
佐賀県
定番鍋島の純米吟醸。しっかりした味と酸味と薫り。軽く呑めます。

鍋島 三十六萬石 生原酒
佐賀県
少し甘く、サッパリとしている佐賀の特別純米。今回は生原酒ゆえの荒さも感じられます。この時期のみの入荷。

鍋島 裏鍋島
佐賀県
樽の酒のブレンドである裏鍋島。ある意味ブレンドしてまで出したかった杜氏の味。富久千代さんの今年の味を占う一本。

鍋島 荒ばしり生
佐賀県
昨年末のニュームーンに次ぐ鍋島の優しいお酒。香り酸味よく渋みも兼ね備えます。

名倉山
福島県
会津若松の純米吟醸。福島っぽい甘さとボディが薫るか?今回初入荷。

長門峡 特別純米
山口県
山口県萩市から。山田錦25%、西都の雫75%のブレンドによる日本酒度+1。初入荷。

十水(とみず)
山形県
現在は米1:水1.2の割合の「十二水」が主流ですが、米1:水1で仕込むのが「十水仕込み」です。御し難いがコクが出る!

富久福 michiko90
茨城県
茨城の結城酒造による新酒生酒。精米歩合90という、殆ど削らずの酒です。しかし奇跡の淡麗感。

どぶろく
長野県
今は後半の商品となり、熟成も終わってどんどん辛くなってきます。この時期のどぶろくも是非。

徳次郎 夏酒
京都府
爽やかで柔らかな口当たりの京都徳次郎。米の旨味もあり、酸も程よく効いています。

東洋美人 原点
山口県
軽く、甘くてさっぱりとした清涼飲料水系。女性に大人気。獺祭ばかりが山口じゃない。

天明 中取り弐号
福島県
会津坂下産美山錦を使用。精米歩合55%。ドライ&ライト、辛口に仕上がっています。日本酒度+8。酸度1.3。

天青 千峰夏
神奈川県
茅ヶ崎にある酒蔵様。アルコール度数14度で止めており、さっぱりと呑めます。

出羽桜 つや姫
山形県
平成20年に出来上がった山形県産の酒造好適米「つや姫」を全量使った純米大吟醸です。 仄かな吟醸香とともに癖がなく、飲みやすく仕上がっています。 アルコール度数15度と若干低めで、女性にも飲みやすい味です。

出羽桜 一耕 特別純米
山形県
定番酒。香りはあまりありませんが渋みと酸味が絶妙。呑み飽きしません。

手取川 山廃ひやおろし
石川県
四季シリーズ秋酒に続いての入荷。今回は山廃造りによるひやおろしです。石川の銘酒。

手取川 春純米 うすにごり
石川県
毎年、「四季ラベル」を出してくる手取川の「春」瓶。今回はうすにごり仕様です。

手取川 春純米
石川県
精米歩合55%のにごり酒。アルコール度数16度。春の小川を描いたかわいいラベル。伸びやかな味わい、上品な甘さ。

手取川 ひやおろし
石川県
淡麗さと辛さはそのままに、それでいてコクも醸し出す石川の銘酒。去年に続いての入荷です。

月の輪 純米
岩手県
岩手の渋めの純米酒。辛味酸味香りは中庸で、癖がなく、どんどん続けて呑めます

月の輪
岩手県
岩手の名蔵。薫り僅かなコク勝負。精米歩合70%。飲み飽きしない懐かしい味です。

千代むすび 子泣き純米
鳥取県
「子泣きじじいも泣くくらい辛い」と言われる辛口。芳醇でもったりと辛口。燗にも合います。

千代むすび 強力60
鳥取県
鳥取県で復活した酒米「強力」全量を6割で磨いた、強い風味の純米酒。燗にも合います。

千代むすび 強力22BY
鳥取県
県下で「強力」使用の最大量を誇る千代むすびの22BY。

超超久 山田錦
和歌山県
平成18年に醸した酒を-5℃の氷室で7年寝かせた純米吟醸生古酒。 これだけでプレミアもの。和歌山県産山田錦全量。精米歩合60%、アルコール度数18度。

超々久 氷室貯蔵生酒
和歌山県
瓶詰めして4年。氷室貯蔵した生酒。それでいて超々久はエグい枯味がしません。奇跡の古酒。

超超久 備前雄町
和歌山県
備前雄町全量。平成23年のタンクを3年氷温熟成させた純米吟醸です。精米歩合55%、アルコール度数17度。

超久 氷室貯蔵生酒
和歌山県
瓶詰めして2年。氷室貯蔵した生酒。それでいて超々久はエグい枯味がしません。柔らかい甘露が唇にまとわる奇跡の古酒。

竹生嶋
滋賀県
滋賀の琵琶湖湖畔にある竹生島。日本酒度-1で若干甘めのお酒です。

千代むすび 夏酒
鳥取県
「子泣きの夏酒が終わったと思ったら、いつの間にか無濾過原酒を入荷していた」。

千代むすび 強力
鳥取県
鳥取の復刻米「強力」を使った22BYの弱熟成酒。

丹沢山 麗峰
神奈川県
丹沢山の酒蔵。辛く渋めで50℃以上の飛び切り燗にしても味が壊れません。燗映えする酒。

丹沢山
神奈川県
70℃まで上げて、燗にしてみましょう。生酒であっても熱燗で燗映えする奇跡。つくり手の執念を感じる神奈川酒。

達磨正宗
岐阜県
普段は熟成させて茶色の達磨ですが、早めに出荷して頂きました。甘酸っぱくコケティッシュな味。

楯野川 はるにごり
山形県
薫りの強い全量大吟醸の楯野川ですが、今回は優し目。控えめで膨よかな薫りと上品な酸味。ラベルは体を顕す。

楯野川 清流
山形県
全量を純米大吟醸にて醸す宣言をしている蔵。今回は清流。主流よりスッキリ系でまとめています。

高千代 純米美山錦
新潟県
美山錦全量を扁平精米で65%まで削りました。日本酒度+19と辛めに仕上がっています。 アルコール度数18度、酸度1.5。

たかちよ おりがらみ
新潟県
吟香フレッシュ。酸と甘味の膨らみとピチピチはラムネに近い。新潟では珍しい優しい甘味をもつお酒。

鷹勇 無濾過しぼりたて
鳥取県
キリリとしたしぼりたての無濾過生酒です。若干燗を掛けて常温くらいまで戻しても飲み甲斐があります。

鷹勇 純米山廃
鳥取県
重くどっしり系の山廃。「これぞ山廃」という味。安心して呑めます。

鷹勇 強力22By
鳥取県
「強力」を使った生もと酒。同じ22BYの千代むすびの強力と飲み比べをオススメ。こちらは若干色付き熟成。

鷹勇 強力
鳥取県
同じく鳥取の強力使用の鷹勇版。千代むすびとの味の違いはいかほどでしょうか。

鷹勇
鳥取県
もったり、しっかりの燗映えする鳥取の蔵。日本酒らしい日本酒を人肌~熱燗で。アテの味を邪魔しません。

大典白菊 純米吟醸雄町
岡山県
「雄町」55%の純米吟醸。雄町らしい香りと、鋭い切れ味が特徴です。

大信州 特別純米辛口
長野県
長野県より。当店では初の入荷。

ソガペール ヌメロ6
長野県
小布施のワイナリーが作ってみたという純米酒。先代は蔵元なので、復活させたというべきか。瓶もラベルも、味も白ワインの如く。6号酵母使用。

ソガペール エロティック
長野県
瓶もラベルも、味も白ワインの如く。半合でのご提供になります。ご了承ください。

宗玄 純米生酒
石川県
ほんのりと甘く、スッキリした石川酒。さくさく呑めます。盆明けでお疲れの身体に。

青煌 純米吟醸雄町
山梨県
東京農大の「花酵母研究会」から提供された「つるばら酵母」を使用しています。岡山県産雄町全量使用。精米歩合50%、アルコール度数15度。日本酒度+1、酸度1.6。

誠鏡(せいきょう) 純米生原酒
岡山県
フルーティで、かつしっかりした味もあります。多分、掛米で「八反錦」を使ってると見ますが、真偽は?

誠鏡 純米生詰
広島県
広島でキレといえば誠鏡。今回は生詰で。軽く、スッパリと薫ります。

誠鏡 純米生原酒
岡山県
フルーティで、かつしっかりした味もあります。多分、掛米で「八反錦」を使ってると見ますが、真偽は?

駿州中屋 ひやおろし
静岡県
スッキリ辛めにまとめてくる中屋さん。今回のひやおろしでもキリリをキレを見せてくれます。

駿州 中屋
静岡県
富士山系の柔らかい水を使った、静岡の中堅。優しく辛く、薫りもあり今の時期にピッタリです。

酔鯨 ひやおろし
高知県
魚に合うキレキレの辛口酔鯨。ひやおろしはそれに味が乗ってコクも出ています。

白瀑 山廃ひやおろし
秋田県
「山本」で有名な酒蔵様。蔵付き分離した「セクスィー山本酵母」による山廃造りひやおろしです

白瀑 どピンク
秋田県
うっすら桃色のにごり酒、どピンク。この色は赤色酵母による天然の色素によるものです。

白瀑 ど辛
秋田県
「山本」で有名な酒蔵様。春に出る「ど辛」。淡麗辛めの割にはアル度数は15度と優し目。

昇龍蓬莱 生もと純米3号
神奈川県
徳島県産山田錦全量。精米歩合70%、日本酒度+5、アルコール度数17度。スッパリとしたキレのある酸味、ジューシーな香り、仄かな甘さ。

正雪 エヴァラベル
静岡県
由比正雪から名前をとった静岡県の蔵。御託が並んでいるので勝手にエヴァラベルを名づけてます。

上喜元 八反錦 生もと
山形県
八反錦を使ったしっかりとした味です。生もとっぽい酸も魅力。

上喜元 玉栄
山形県
今回は玉栄全量です。さっぱりとした酸味の辛味です

上喜元 神力
山形県
「神力(しんりき)」という酒米を使用。上喜元にしては軽く、辛めに仕上がっています。

純天山
佐賀県
「七田」で有名な天山酒造の作。渋みとキレは七田らしく、ずっしりしたボディもあり、燗してもいけます。

寫楽 純米大吟醸
福島県
会津城の正面に建つ酒蔵。フルーティかつ芳醇で濃厚。調度良いボディ。

篠峯 ろくまる無濾過生酒 八反錦
奈良県
香り立つ若干甘酸っぱい生酒。八反錦ですので、上喜元と飲み比べても面白い。

篠峯 無濾過原酒
奈良県
京都酒のような軽さと、奈良酒の甘味・ボディの良いトコ取りする篠峯さんの無濾過原酒。

信濃鶴 特別純米
長野県
信州らしいしっかり風味。少し甘目です。

七本鎗 渡船
滋賀県
渡船を全量使った、「賤ヶ岳七本槍」を冠に持つ男らしい辛口。辛味と渋みがギリリと来ます。

七田 純米無濾過生
佐賀県
2割の麹米に「山田錦」、8割の掛米に「レイホウ」をそれぞれ精米歩合65%で使用しています。アルコール度数17度。

七賢 絹の味
山梨県
辛口といっていいでしょう。

七賢 おりがらみ
山梨県
山梨の雄、七賢。ココのメインは昔ながらの生もと造り。白州の伏流水で清廉な抜け。春酒らしい優しい酸味のうすにごりです。

繁桝 ひやおろし
福岡県
若干甘めの旨口。押しの強いしっかりした味が残ります。

繁桝 生酒
福岡県
「キレいなキレ」とは繁枡のためにあるのかも。若干甘めの旨口。押しの強いしっかりした味が残ります。ゆったりと呑める味。

繁桝 限定純米大吟醸
福岡県
福岡県より初入荷。楽しみな一本。

三連星 山田錦純米吟醸 MS-15S
滋賀県
三人の杜氏が寄ってたかって造るので「三連星」。去年はゲルググ、今年はギャンの年です。

三連星 無濾過生原酒 吟吹雪
滋賀県
三人の杜氏が寄ってたかって造るので「三連星」。吟吹雪の定番酒はドムカラーです。

三連星 純米吟醸生酒
滋賀県
白丸ラベルの三連星。さっぱりとしながらもしっかりとした味です。甘辛は呑み人それぞれ。

残草蓬莱(ざるそうほうらい)
神奈川県
ほんのりと甘く、さわやかな酸味と発泡感でサイダーかラムネの様と称されます。清涼飲料系。

残草蓬莱 生原酒
神奈川県
"速醸で仕込む際に投入する乳酸菌の代わりに、麹由来のクエン酸を使用した試験醸造商品。 日本酒度+8の割にはピリリとした味わいが特殊です。 精米歩合75%、アルコール度数19度。"

残草蓬莱 出羽燦々生原酒
神奈川県
出羽燦々を使用した神奈川県の蔵元による醸造。アルコール度数15度。精米歩合60%。 掛米中で6%だけ五百万石を使用しています。

残草蓬莱 純米吟醸
神奈川県
ラムネ感ありありで有名な残草蓬莱の赤ラベル夏酒。まさに夏の米ジュース。

燦然 雄町生原酒
岡山県
雄町らしい力強い味と、スッキリした酸。ガチンと来るキレのある純米酒です。

まんさくの花 純米大吟醸雄町 秋田県
辛め淡麗のまんさくの花から、今度は大吟醸雄町です。前回の愛山とほぼ米違いの同スペック。愛山も若干残りがありますので、飲み比べもおすすめです。
 
南部美人 無濾過生酒 岩手県
甘めの南部美人ですが、この時期は甘みよりも渋みとキレが前に出ている様子。丁寧に醸されたフレッシュ感をどうぞ。薫りも良いです。
 
青煌 山田錦生原酒 山梨県
華やかでキレのある青煌から搾りたての生原酒です。薫りやキレも大切にされ、華やかさもあります。七賢と並んで山梨を代表する蔵元。
 
花巴 速醸うすにごり 奈良県
春の花巴はキレッキレ。水もとよりは酸が穏やかですが、今回は速醸。結構強烈な乳酸菌で腸内フローラもビックリです。
 
駿州中屋 誉富士 静岡県
柔らかい富士山系の水で、辛い割には口当たりの滑らかが特徴の中屋。県特産米の誉富士使用で薫りと喉越しで勝負。
 
白瀑 どピンク にごり 秋田県
「山本」の蔵元による発泡にごり。うっすらとした紅は赤色酵母による色素です。開栓時は振りすぎて半分吹き出してしまいました。一年越しの桜色です。

千代むすび 大吟醸 強力40 鳥取県
強力米のスモーキーな薫りと優しい口当たりを誇り、女性にも受ける華麗な味。40%削りは伊達じゃない。
 
千代むすび 純米吟醸 強力50 鳥取県
千代むすびの現在のフラグシップ。基本的に無濾過は変えずに造っていきます。千代むすび強力と言えばコレ。
 
千代むすび 強力60 無濾過生原酒 鳥取県
薫りを持たせた上、強力50よりは軽い感じで呑みやすさを追求しています。50、40、60と飲み比べもオススメです
 
千代むすび 強力50 無濾過生原酒 鳥取県
フラグシップの生原酒。蔵では斗瓶に入れて、丁寧に澱引きを行った上で出荷しています。同スペックの50とも飲み比べできます。
 
千代むすび 強力 おおにごり 鳥取県
五割削りの大にごり。程よいコクと強力の薫り。呑み飽きしない旨口酒。
 
千代むすび 完熟純米 鳥取県
山田・玉栄・五百万石のブレンドで最低3年寝かせた色味の割にはクセがなく、スルスルと呑めます。燗でオススメ。
 
千代むすび 強力SP 22BY 鳥取県
22年醸造。落ち着いた味わい。強力自体は熟成向けなので、米の特性に合わせた造りというべき酒。
 
千代むすび 大吟醸 山田錦40 鳥取県
強力を使いはじめる前の千代むすびの主力酒。千代むすびは今後強力米に移行していく予定ですが、コレも淡麗。同じ40削りの強力と飲み比べがオススメです。

 

このページのトップへ